精神科ナースになったわけ

精神科ナースになったわけ

ちょっと気になるタイトルだったので読んでみました!
色々と思う所がありました。
何度も読んでみたくなるストーリーです。

 

精神科ナースになったわけ/ 水谷緑
精神科ナースになったわけ/ 水谷緑

精神科ナースになったわけ 感想

主人公の太田さんは
母親の死のショックで精神を病んでいた・・・

 

彼女が精神科のナースになったのは
そんな自分の壊れてしまった心に興味を持ったからだっだ。

 

そして、看護師の資格を取って
精神科のナースになって、色々な患者さんと触れ合っていくうちに
過去の自分と重なる事も多々あり
そして、自分と向き合い、患者さんと向き合い
お互いに少しずつ前を向いて歩けるようになっていく・・・・

 

今まであまり読んだことの無いジャンルの漫画だけど
読み終わった後も、色々な思いが溢れてくるような内容だった。

 

1巻で買ったので、何度も読んでしまうと思う。

 

精神科ナースになったわけ 見どころ

人間って、誰かの死とか大きなストレスを感じた時に心が壊れてくのは分かる気がする。
私も、似たような経験があったから。
哀しいのは、たとえ家族でも理解してくれなくて、自分が異常に思われてしまうこと。

 

いや、異様だったんだと思う・・・・実際。
でも、異様だと思える人にもその人の世界があるっていうのも分かってほしかった。

 

「精神科ナースになったわけ」の主人公の太田さんは
たぶん、自分も同じ体験をしているから
患者さんの気持ちも分かって、正面から向き合えるんじゃないかな・・・
と、思った。

 

例えば、リストカットの女の子も
彼女には彼女の理由があってそうするわけなんだけど・・・
たぶん、周りの者は理解できないと思う。

 

精神科には、色々な症状の患者さんがいて
それぞれ自分の世界があって
誰かに助けてほしい・・・話を聞いて欲しい・・・自分を理解して欲しい
と思ってるのでしょうね。

精神科ナースになったわけ を読んだコミックサイト

 

私は、コミなびで読みました(月額540円)


【コミなび純稿】 女子向けトップページ

PCで読みたいなら、eBookJapanが良いと思いますよ。